初めてこられた方も、いつも来てくださっている貴重なみなさんもこんにちは。
 お気に入りのマイホームが完成してはや7年になりました。
 マイホーム完成からの反省や気になる事もどんどん書いていきます。
 これから家作りをがんばるみなさんの参考になればいいな・・・・と思っています♪
 これからもよろしくお願いします(>∀<)ノ ヨロシク!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 妻の話がちょこっとお役にたったようでしたら
ランキング応援してくださ~い  よろしくm(._.)m 
人気ブログランキング  と 


スポンサー広告家を建てる!家作り(間取り)を楽しもう隊日記TOP↑

工法は

工法についてはほとんど議論する事もなく進んでいる私達のマイホーム。

ここでちょっとお勉強

工法には・・・

①木造軸工法(在来工法) 
 ・いわゆる日本の伝統的な工法。
 ・土台の上に柱などを組んでいく方法。
 ・高温多湿な日本の風土に合っている。

 ○メリット→設計の自由度が高く、増改築しやすい。
 
 ○デメリット→職人の熟練度によって閑静にばらつきあり

②枠組壁工法(2×4工法)

 ・パネルという面材でつなげて箱のような形にして家全体を支える
  工法
 
 ○メリット→横揺れの地震に対する耐震性が高い
       機密性が高い

 ○デメリット→壁が構造の一部のために窓などが大きくとりにくい事がある

 ③プレハブ工法
 ・軸組工法や枠組壁工法を基本とした建築方法
 ・主要な部分は工場で生産して現地で組み立て。
 ・部材の種類により・・木質系、鉄骨系、コンクリート系があり。
 
 ○メリット→工期が短い
 
 ○デメリット→規格が統一されているので間取りなどの自由度が低い
 

私達のマイホームは①の在来工法で行われます。
メーカーさんがこの工法だったんで・・・。

スポンサーサイト

 妻の話がちょこっとお役にたったようでしたら
ランキング応援してくださ~い  よろしくm(._.)m 
人気ブログランキング  と 


[妻の]つぶやき(家関係)家を建てる!家作り(間取り)を楽しもう隊日記TOP↑

さらに間取りの話

家作りの基本の基本・・・それは、間取り。
なんでこんなに難しい。
 
2006.1~毎週のように、メーカーさんの事務所で打ち合わせをしております。

まるでクラブ活動のようです。

なかなか、夫とのプランがまとまらずに行くので余けいに時間がかかるのかもしれまえんが・・・

担当さんいわく、中には担当さん任せでなーんにも言わない人がいるそうな。(←信じられん)

私達夫婦のように、いろいろ意見を出してもらったほうが、僕たちもやりがいがあります。・・・との事。

よかった。そうよ、そうなのよ。

一生に一度の大イベント!!夢のマイホーム&ローン地獄!!

たっぷりこだわって、時間かけていいのだよ★

だれに遠慮がいりましょうか!!

 妻の話がちょこっとお役にたったようでしたら
ランキング応援してくださ~い  よろしくm(._.)m 
人気ブログランキング  と 


[妻の]つぶやき(家関係)家を建てる!家作り(間取り)を楽しもう隊日記TOP↑

今の土地の様子は・・・

じゃーん!!今の土地はこんな感じです。


1DSC03203_20090226102016.jpg


娘初登場です☆

右隣が夫の実家です・・・。

50坪ほどの大きな倉庫があるときと、このように更地になったとでは感覚が全然違いますね。

どんなマイホームになるか楽しみです。

ちなみに、奥にショベルカーなどが見えているのは関係ありません。


 妻の話がちょこっとお役にたったようでしたら
ランキング応援してくださ~い  よろしくm(._.)m 
人気ブログランキング  と 


[建築中]造成家を建てる!家作り(間取り)を楽しもう隊日記TOP↑

間取りってむずかしい

なんで、こんなに間取ってむずかしいのか・・・

今、私達は間取りに全精力を注いでいるのだ。

それぞれにこだわりがある夫と妻。


まずメーカーさんに「なにか間取で希望はありますか?」といわれ、夫も妻も夢は広がった。

1.対面キッチン

2.素敵な和室

3.ユーティリティー、家事室がほしい

4.書斎がほしい

5.実家に隣接しているので目線

6.リビング階段

などなど。

全部を取り入れることができれば最高だろうけど、土地の形などもあるのでなかなか難しい。

2人の夢はゆずりあって家となります。

どうやら思いやりも家作りには必要なようです。


 妻の話がちょこっとお役にたったようでしたら
ランキング応援してくださ~い  よろしくm(._.)m 
人気ブログランキング  と 


[妻の]つぶやき(家関係)家を建てる!家作り(間取り)を楽しもう隊日記TOP↑

住宅メーカ選び

一戸建て住宅には2つあります。

1つ目は、建売住宅(主に土地のない方)
2つ目は、注文住宅(主に土地のある方)


私達は2つ目の注文住宅になります。

注文住宅の依頼先は3種類に分けられます。

①ハウスメーカー
②工務店
③設計事務所

どこに依頼するか、大事なマイホーム選びのおおきなPOINTですよね。

それぞれにメリット、デメリットなどあるわけですが・・・

一体何を基準に選べばよいのやら???


それぞれの特徴は・・

ハウスメーカー:建材の仕入、設計、施工、アフターまで全てがシステム化されている。

工務店     :地域密着型多し。棟梁が一人でする個人経営から支店をもつ会社まで規模はいろいろ。木造在来工法が多い。

設計事務所  :建築士の資格を持つ人が運営する事務所で、設計と監理をし、施工は別の会社がする。建築士の個性がでる。


それぞれのメリットは

ハウスメーカー:①安定した品質の家が比較的短期間でできる
           ②宣伝やモデル住宅などでイメージがつかみやすい
           ③アフターも充実

 
工務店    :①基本的に自由設計
          ②地元密着でアフターを相談しやすい


設計事務所  :①自分達のイメージが反映されやすい


それぞれのデメリットは

ハウスメーカー:①メーカーの規格外には対応できない事がある
           ②担当者が途中で変わってしまう可能性あり


工務店    :①最新のおしゃれなデザインや工法は難しい
          ②登記などの事務が自分達負担になる場合がある


設計事務所  :①設計料が別途必要かも
           ②設計士の個性が強く出てセンスがあわないかも
 
 

結局私達は、安定していて、アフターも充実しているメーカー
を選ぶ
事になりました。


しかし、選ぶまでもいろいろありました。


すばやい夫の実家の近所の知り合いの工務店から「見積もりだけでも・・」と早速いわれたのですが

 1.ここに頼むと私はいろんな注文ができなくなる

 2.お客なのになぜか私が気を使う

などなどマイナス要因があり却下。


で、結局私の両親も建てた住宅メーカーA社にお願いする事になりました。

偶然にも店長さんは夫の高校の同級生でお友達だったのもよかった。

誤解があってはいけませんが、知り合いだからとか親が建てたから・・・というだけで選んだわけではありません。

まる1日かけて、モデルハウスで説明してもらい、会社の信頼性や工法などあらゆることを納得いくまで質問して決めました。

こうして、私達の家作りが本格的にスタートしたのです・・。




 妻の話がちょこっとお役にたったようでしたら
ランキング応援してくださ~い  よろしくm(._.)m 
人気ブログランキング  と 


[家作りのヒント]うちの住宅メーカーさん家を建てる!家作り(間取り)を楽しもう隊日記TOP↑

住宅展示場番外編

(総合)住宅展示場に行くのってなんか勇気がいりませんか?
わたしだけだろか・・・

もう建てる気満々で後はメーカーを決めるのみです!!というかたは堂々といけるでしょう。
むしろ大金持ち気分かも

が、建てるけど、具体的ではありません(←こんな方がむしろ多いのでは。)

こういう場合、営業さんが寄ってこられると正直しんどい。

「私達は貧乏で家は建てれません。夢を見に来ました。だからよってこないでぇ~」

とか

「あっ、しめしめ前の人がつかまってるぞこの隙に・・」

などと最初は思っておりました。


「よろしかったらアンケートに答えてください」

と笑顔で若い営業さんに言われると断るのもかわいそうになる。(なんせ、住宅メーカー勤務の方の転職率は高い(私の友達も苦労していた))これを知っているだけに心が痛い

夫は展示場で多くを語らないタイプだ←これはある意味賢い

なので、私が最初に言っていた台詞はこれ

「家は建てたいんですけど、建てる場所が主人の実家の敷地の

中なんですよ。だから、わかるでしょぉ。なかなか現実にしたくないん

ですよ」



これを聞いた営業さんの多くはかなり苦笑いでした。







 妻の話がちょこっとお役にたったようでしたら
ランキング応援してくださ~い  よろしくm(._.)m 
人気ブログランキング  と 


[家作りのヒント]住宅展示場&ショールーム家を建てる!家作り(間取り)を楽しもう隊日記TOP↑

住宅展示場って・・

家を建てることを決めた私達が、次に何をしたかというと・・・

いろんな住宅メーカーを見て回る事。

↑これって思っていた以上に体力がいりました。

去年からいろんな展示場にいっては夢は広がり、心はワクワク・・。
が、家に帰るとぐったり・・。
という感じ。

じっとしていない娘を連れて行くので、さらに疲れる。


私の経験からして、ある程度雑誌などで住宅メーカーを何社かに搾ってから見に行くほうがいいと思います。

実際に目で見る事は1番大事なのですが、目移りしすぎるのも問題。

展示場の家はばかでかく、そして、高級仕様(いいとこ見せなきゃいけませんから)。

普通の人にはなかなか建てられるものではありません。

なので、私達は、展示場へいくのをやめて、実際に建ている「建物完成見学会」に行くようにしました。

↑これは、いいですよ。

だって、これから実際人が生活する家がみれるから。

展示場のような広さもないし、なんせ普通サイズ。仕様も普通。なんでも普通。

これが家なのです。

後、車に乗っているときもお散歩しているときも、ぼーーーっとしていてはいけません。

いろんな家をとにかく見る、みる、見る。

気に入った家を探す。

写真にも携帯にもとっておく。

これがとっても大事ですよ。







 妻の話がちょこっとお役にたったようでしたら
ランキング応援してくださ~い  よろしくm(._.)m 
人気ブログランキング  と 


[家作りのヒント]住宅展示場&ショールーム家を建てる!家作り(間取り)を楽しもう隊日記TOP↑

自分達の家がほしい理由

私達家族は、2006年年明けからマイホーム建築に向け大きく動き始めました。

しかし、正直こんなに早く計画が進むとは思っていませんでした。

ましてや年内に家が完成する予定になるなんて・・・。

いろんな理由やきっかけがあって、計画は進むのだとは思うのですが、私達の場合大きな理由は、娘の幼稚園でした。


建設場所は、夫の実家の敷地内

去年12月末までは大きな50坪の古い倉庫が建っていました。

この倉庫の老朽化と私達の経済的理由(土地から買うお金がない・・)もあってこの場所にきまったのですが・・。

この50坪に家・車庫・庭を全部とる計画です。


今現在私達は、ここからちょっと離れた賃貸のコーポに住んでいます。

近いのに、残念なことに校区は違うのです。

幼稚園も公立で・・と思っていたのではじめから幼稚園&小学校が同じ校区の方がいいだろう・・・と夫婦で何度も話あいこの時期に思い切って家を建てる事となりました。


私達が家を建てる理由

①自分達の家がほしい!!(家賃がもったいない)

②娘の幼稚園問題

③夫の実家へ帰る・・すなわち親孝行

④夫が20代のうちに、ローンが30歳から始まるようにしたかった。



妻の立場としては、夫の実家の敷地・・・がしんどい←これは今後の間取を決めるときも大変重要になってきます。
そのお話はまたの機会に・・・



 妻の話がちょこっとお役にたったようでしたら
ランキング応援してくださ~い  よろしくm(._.)m 
人気ブログランキング  と 


[はじめに]自分達の家がほしい家を建てる!家作り(間取り)を楽しもう隊日記TOP↑

免責事項について

***免責事項について***

このサイトでの紹介は、個人の意見ですのであくまでも参考になさってください。
万が一、いかなる損害や被害を受けても当サイトは賠償責任を負いかねますので、
ご自身の責任、判断で登録等お願いいたします。

また、当サイトから無断で複製・転載利用することは禁止させていただきます。


 妻の話がちょこっとお役にたったようでしたら
ランキング応援してくださ~い  よろしくm(._.)m 
人気ブログランキング  と 


[はじめに]自分達の家がほしい家を建てる!家作り(間取り)を楽しもう隊日記TOP↑

ようこそ♪

マイホームの完成から7年もたちました。(2006.10月完成)
これから家作りをがんばるみなさんの参考になればいいな~と思っています♪
(>∀<)ノ ヨロシク! byころコロ(妻)

最新の家作り日記

家作りのカテゴリー

コメントうれしいです☆

記事のタイトルをクリックするとコメント欄がでてきます。

BlogPeople

最近のトラックバック

シンプルアーカイブ

家を建てる!家作り(間取り)を楽しもう隊日記 since2006
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。